資産運用、始めました

貯金の利子に落胆

銀行貯金に利子がつきました。8円でした。もともと大した元本じゃないのは確かですが、それにしたって8円というのは、あんまりといえばあんまりな…。

  • 引出手数料…108円
  • 振込手数料…108円
  • 両替手数料…108円
  • 円預金金利…0.001%

いったいどれだけ貯金すれば手数料がペイできるんだというのは、よく聞く論調ですが、それでも世の中がデフレだった頃はよかったのかもしれません。デフレで物価が下がれば、相対的にお金の価値は上がる理屈です。銀行口座に寝かせているだけでも、資産の価値は増えるという理屈が成立したでしょう。もっとも、デフレ影響下にあっては給料が下がることはあっても上がるということはないと思いますから、そんなの屁理屈みたいなもんですね…。

ところがここへきて割と世の中好景気。好調な雇用統計、2017年10月の株価16日連騰、2017年11月の26年ぶりの高値での株価終値といったニュースが連日のように経済面をにぎわせています。食品などの値上がりも肌感覚として感じずにはいられません。

インフレともなればお金の価値は下がる理屈です。手持ち資産をどんどん増やそう!とまでいかないまでも、どうにか物価上昇リスクから資産を防衛したいというのが人情です。預金の利息で銀行の引出手数料の消費税さえペイできないようでは、銀行預金をしていても資産は目減りするばかりです。

そこで、2017年の夏から、2つの方法で資産運用を始めてみました。

2つの資産運用

一つは、ロボアドバイザーのTHEO。そしてもう一つは、企業型確定拠出年金のマッチング拠出です。

THEOも確定拠出年金も、長期に渡って将来の金融資産を構築するという点は似ているように思います。

ロボアドバイザーTHEO

最近よく聞くようになったロボアドバイザー投資。とりあえずPCやスマホ、そしてわずかな元手(THEOの場合は1万円から)があれば始められるという手軽さに惹かれて始めてみました。

とにかく楽。ほったらかしでOKだというんですが、確かに何もすることがありません。何もしないのに、地道に増えてくれる(減りもする)ので、僕みたいな資産運用初心者にはもってこいです。

7営業日程度かかるとはいえ、基本的には随時出金・解約できる点もありがたいところで、今すぐ使う用事のないお金を、5年~10年後ぐらいに向けて着実に増やしたいという用途に向きそうです。

『1万円から始められる』、『投資一任報酬は預り資産の年率1%』など、ハードルが低いのがありがたい

最初にいくつかの設問に答えて運用方針を決めたら…

あとは放置プレイ

自動車ローンの返済が終わったので、そのローンをそのまま払い続けているつもりで積み立てています。5年育てて、新しい車の購入資金にするのが目標です。その頃には完全自動運転の車が欲しいなぁ…。

確定拠出年金

会社の退職金である企業型確定拠出年金のマッチング拠出という制度を利用し、会社が拠出してくれる掛金に給与天引きで掛金をさらに上乗せして積み立てます。

年末調整で掛金を控除できるので、税制メリットが大きい点や、企業型の確定拠出年金なので、手数料部分を会社が持ってくれる点がかなりオイシイのですが、年金というだけあって老後の資産を構築する制度ですから、60歳になるまで引き出せないところが最大の特徴であり、デメリットともいえる部分でしょうか。

とにかくお金が必要!となっても、取り崩せないのがこの確定拠出年金の融通が利かないところ。マッチング拠出で自ら積み立てた部分でさえも、途中で引き出すことができません。これは個人型確定拠出年金(iDeCo)でも同様でしょうから、ロボアドバイザーを利用する場合などに比べて、より計画的に、より無理のない金額で資産運用する必要がありそうです。

確定拠出年金も積立投資の例にもれず放置プレイがいいらしいんですが、性分なのか、あっちに預け替え、こっちに預け替えと、さわりまくっていました。結局、何が正解か分からないのですが、リーマンショック等で株価が下がりきったところで、それまで元本確保型商品だけで運用していた資産をすべて株式に預け替えしたことだけは正解でした。

確定拠出年金10年間の推移

実績ログ

これからなんらかのロボアドバイザーを利用して資産運用をやってみたいという方や、確定拠出年金をやってみたいという方に向けて、実際の増え方・減り方がどんなものなのか公開したいと思います。

僕が運用しているのは確定拠出年金は『企業型』なので、『個人型(iDeCo)』を始めたい、あるいはすでに取り組んでいる方にとって、どの程度参考になるのかわかりませんが、基本的には同じもののはずです。

2018年になったら、積立NISAも始めてみたいですね。

THEOの場合

2017年6月より、以下の金額を積み立てています。

  • 最初に300,000円
  • 毎月の積立が25,000円
  • ボーナス月が80,000円

確定拠出年金の場合

  • 2007年6月から会社からの確定拠出が5、、000円
  • 2017年8月からマッチング拠出(給与天引き)が5,000円
  • 運用指図は以下のような配分です。
    • 国内株インデックスに4割
    • 外国株インデックスに3割
    • 世界REITに3割

各資産の増減

日付THEO(%)THEO(¥)401k(%)401k(¥)
2017/11/66.08%¥25,5206.77%¥269,032
2017/11/134.97%¥22,1386.66%¥263,992
2017/11/203.93%¥17,4946.42%¥252,300
2017/11/274.28%¥19,0496.54%¥258,035
2017/12/54.89%¥21,7466.62%¥266,801
2017/12/125.94%¥26,4326.83%¥277,075
2017/12/195.75%¥26,84612.02%(日本株TOPIX)¥41,068
8.37%(外国株式INDEX)¥21,637
5.49%(世界REIT INDEX)¥14,255
2017/12/265.97%¥28,08113.04%(日本株TOPIX)¥44,550
8.85%(外国株式INDEX)¥22,887
3.73%(世界REIT INDEX)¥9,700
2018/1/107.70%¥36,20116.51%(日本株TOPIX)¥57,078
11.61%(外国株式INDEX)¥30,370
4.09%(世界REIT INDEX)¥10,763
2018/1/175.25%¥28,86316.79 %(日本株TOPIX)¥58,026
11.06%(外国株式INDEX)¥28,941
- 0.28%(世界REIT INDEX)-¥727
2018/1/235.02%¥27,62716.63%(日本株TOPIX)¥57,479
11.73%(外国株式INDEX)¥30,677
0.04%(世界REIT INDEX)¥125
2018/1/304.35%¥23,91015.9%(日本株TOPIX)¥54,945
11.79%(外国株式INDEX)¥30,854
- 0.39%(世界REIT INDEX)-¥1,002
2017/12/12

北朝鮮にエルサレム。国際情勢に反してこちらは順調。本当に放置でいいんでしょうか?(笑)

2017/12/19

確定拠出年金を購入資産毎に分割して表示してみました。

2017/12/26

今年最後の更新になりましたが、今年は順調でした。2018年からは積立NISAも加えてみたいと思います。

2018/1/10

2018年最初の交信です。年始そうそう順調です。惜しむらくは元本の少なさ。何千万円貯金があったらなぁ……

2018/1/17

日本株式は好調ですが、いつの間にやらREITがマイナスにっ! わずかなことですが、知らない間にこうなっちゃうのは怖いですね。

2018/1/23

日本・海外株式ともに好調。REITもわずかに持ち直しました。THEOはここしばらく動きが悪いですね。

2018/1/30

仮想通貨流出騒ぎをよそに、こちらは堅調といえば堅調ですが、ここしばらく頭打ち傾向が続いています。オリンピック会期中には確定拠出年金のほうは預け替えしたほうがいいようなわるいような。