塩漬けTHEO日記(2018年2月15日)

2018年2月15日の状況 分散投資のありがたみ

THEO、下がった頭が上がらなくなってしまいました。

THEOを始めた時期は、株も高く各種債権も割と値がよい時期だったように思います。そんな環境が一変して、このように下げ基調になってくると、運用益の天井はたかだか知れているのに、底が見えてこない……という不安に戦々恐々とさせられてしまいます。

しかし、株式周りが急落する中、インカムインフレヘッジの運用益の推移は、さすがに底堅いものがあります。多少下げ基調ではありますが、インカムやインフレヘッジに配分した資産があったればこそ、この程度の落ち込みで済んでいるのかも……分散投資の大切さが身に沁みますね。

こちらはインフレヘッジの様子

預け替え運用割合変更など、いろいろ触って楽しんでいる確定拠出年金(401k)とは逆に、THEOに関しては、しっかり塩漬け&積み立てしながら見守っていきたいと思います。こんな時期だからこそ、しっかり積み立てていけばドルコスト平均法の恩恵があるはず! なんせロボなんですから!

動け、動いてよ!

おことわり

ここで公開しているTHEOの状況は、2017年6月から加入しているものです。300,000円を原資にスタート時点して、各月の積立額は以下のように設定しています。

  • 25,000円(毎月)
  • 80,000円(賞与月)