塩漬け確定拠出年金(401k)日記(2018年2月28日)

2018年2月28日 平昌オリンピックも終わったし

外国債券インデックス。ほんと、運用商品によって値動きは様々で、こうやって折れ線グラフにするまでは自分でもあまり実感がなかったので、毎回面白いもんだと思いながら眺めています。

値動きの違いといえば、日本株TOPIX外国株INDEXとの値動きですが、これ、ほとんど一緒なんですよね。リスクを回避するための分散投資、という考え方に立ったときに、これってこのままで本当にいいのかな? って疑問に感じているんです。

グラフ的にも、このまま放置していてはあまり面白くなさそうですし、日本株TOPIXには結構儲けさせてもらいました。ここは絵的に面白いかどうか、ということを追求するために、日本株TOPIXを半分だけ世界REIT INDEXに預け替えです。一応、平昌オリンピックその後の地政学的リスクを睨んで……とかなんとか、もっともらしいことを言ってみたりもします。

※各資産の増減幅は、預け入れ時点からの増減を%で示しています。

おことわり

ここで公開している確定拠出年金(401k)の状況は、会社の退職金として10年前から加入しているものです。去年の夏ぐらいからマッチング拠出(給与天引きで掛け金を上乗せ。税制メリットを活かしながら積み立てできる制度)を利用してさらに積み増ししています。