※閉店※季節カツカレー@津山市籾保の『カレーハウス木』

津山市籾保のカレーハウス『木(ぼく)』

レストランや食堂に入って、食べるものを決める。これが結構苦手で、さんざん迷ったあげくに結局カレーを食べてしまうんです。

つい先日までの凍てつく日々はどこへ行ってしまったのか。今日は陽光が優しく降り注ぐ小春日和です。お昼時にもなれば、車の中はスーツの上着を取らないと汗ばむぐらいの暖かさ。花粉も飛んでいるのか、眼もかゆくなってきて、

「あ、春だな……」

と、感じさせる日が多くなってきました。

今日は仕事の都合で津山にやってきたのですが、津山に来るたびに

「行かなければならない!」

と思いつつも、なかなか食べる機会に恵まれなかったカレーハウス木というお店があります。仕事の段取りを上手につけて、ちょうどお昼時に目的のお店の前を通るように自らの仕事をスケジューリングする。流行りの裁量労働制で働く管理職ならではの時間の融通の効かせ方で、うまくお昼にカレーにありつけるよう時間配分するのは得意中の得意なのですが、どういうわけかこのカレーハウス木にだけは、なかなかたどり着けなかったのです。

「うがっ! 定休日かっ!」

「なんとっ! お昼の営業終わってたか!」

「やられたっ! 夜の営業短くなってたんだ!」

などなど、この2カ月ぐらいの間に4~5回は通ったのですが、なかなかタイミングが合いません。相性というものがあるのかなぁ……と、すこし寂しく思っていましたが、本日、ようやくありつくことができました。

どーもどーも、ではでは遠慮なく……

いただきます

注文したのはこちらの今日だけカレー(季節カツカレー)、1390円なり。

カレーの上にきれいに4つ並んでいるのは、ホウレン草とチーズのロールカツ。サックリあがっていて軽やか。ホウレン草とカレーって、よく合うんですよねぇ。ホウレン草の濃い緑と、チーズの淡い黄色のコントラストが、春らしさを演出しています。

そしてカレールー。実にカレーらしいカレールー。

「おー、これこそカレー!」

と、声に出てしまいそうなぐらいです。カレー好きの日本人なら、この味をキライだと言う人はいないでしょう。辛さの程度はやや辛めといったところで、小汗が爽快に感じます。辛さの調節はしていただけるようで、僕の後ろの席で、お母さんに連れられた小さいお子さんがおいしそうに食べていました。

ちょっと見にくい画像ですけど、こんな感じ。

季節のかわいいイチゴが入ったサラダも、野菜たっぷりで大満足の一品でした。うーん、春です!

お店の情報

カレーハウス木

岡山県津山市籾保598

0868-23-5089

営業時間は11:00〜14:00、17:00~20:00

定休日は木曜日

津山市と苫田郡鏡野町を横断する広域農道。よく整備された快走路なのですが、地元の人以外、なかなか通らない道かもしれません。

その広域農道の北側にポツンと建つログハウス、そこにカレーハウス木はあります。これからの季節はバイクや自転車でツーリングがてら立ち寄ってもいいかもしれませんね。

お邪魔した日は大変多くの女性のお客さんでにぎわっていました。一見カフェかと勘違いしてしまいそうなオシャレな店構え、おいしいカレー、たっぷり野菜がとれるサラダ、暖かい接客……眼と耳、舌の肥えた女性のお客さんに受け入れられるのもうなずけます。

駐車場は5~6台程度は停められるでしょうか。あまり広くはありません。また、食べ終わって駐車場から道路に出るときは、西側から来る車がやや見えにくいので注意が必要です。しっかり左右を確認して安全運転でまいりましょう!

春うららです。お腹いっぱいでウトウト居眠りしてしまいそうです。降り注ぐ陽光の中、周囲の田園風景でも眺めながら仕事なんか忘れて車の中で一寝入りしたいところですが……午後も仕事がんばりましょうかね。

5月13日追記

最後にお邪魔してから数日後、見慣れない白い看板がお店の前に出るようになります。いつも走る車の窓から見るだけだったので、ちゃんと読めなかったのですが……。

2018年3月11日にカレーハウス木、残念なことに営業が終了となってしまいました。このエントリーのためにお邪魔したのが3月6日だったので、ギリギリのタイミングでおいしいカレーをいただけました。

津山のおいしいカレー屋さんがひとつ、なくなってしまいました。

ごちそうさまでした。