塩漬け確定拠出年金(401k)日記(2018年3月14日)

2018年3月14日 確定拠出年金(401k)の状況

前々回(2月28日)に預け替えを行った世界REIT INDEXは購入手続きが完了したようで、無事に滑り出しました。損切りを行った時点がかなり下げていた時点だったので、現在は上がっているのでしょうか。

これまでのエントリーのようにパーセントで追っかけていると、相対的な上がり下がりは分かりやすいのですが、もっと実感しやすいのはやはり金額で表示、ということになるんでしょうね。

以下、僕の資産残高。

  • 資産評価額:914,896円
  • 拠出金累計:685,991円(会社が(一部自分で)拠出した金額)
  • 評価損益 :228,905円(これが増えた部分)

運用利率を年率換算すると、拠出開始からは5.56%の増、直近の1年では0.53%の増となっています。直近1年で0.53%しか伸びていないというのは、なんとも寂しいところ。欲の皮が張り過ぎたせいでしょうが、なかなか抜きどころの判断も難しい……1月末でいったん何かに預け替えできればよかったんですけどね。

※各資産の増減幅は、預け入れ時点からの増減を%で示しています。

おことわり

ここで公開している確定拠出年金(401k)の状況は、会社の退職金として2007年から加入しているものです。2017年の夏ぐらいからマッチング拠出(給与天引きで掛け金を上乗せ。税制メリットを活かしながら積み立てできる制度)を利用してさらに積み増ししています。