塩漬け確定拠出年金(401k)日記(2018年3月23日)

2018年3月23日 確定拠出年金(401k)の状況

さすがに今日は我慢できませんでした。株関係は全て外国債券INDEXに預け替え指示を出しました。もちろん、下げたタイミングでの預け替え指示ですから、遅きに失するのはいつものごとしです。ここまで下げたら、多少の反発はあるでしょう。それで少しは損を少なくしてもらって……。

こういうことでもなければ、投機筋としては儲からないのでしょうが、コツコツやっている身としては、おっかなくっていけません。

前回お示しした僕の資産残高ですが、今回の大幅下落で、

  • 資産評価額:914,896円 → 881,581円
  • 拠出金累計:685,991円
  • 評価損益 :228,905円 → 195,590円

となっています。

一番上がっていた時期で資産評価額が95万円ほどあったので、拠出した分も併せると、10万円近い損失が出たことになります。

今回は、運用割合も変更してみました。日本株TOPIX外国株式INDEXにそれぞれ50%ずつ割り振りました。ここは一応、買い時だと踏んでいます。

※各資産の増減幅は、預け入れ時点からの増減を%で示しています。

おことわり

ここで公開している確定拠出年金(401k)の状況は、会社の退職金として2007年から加入しているものです。2017年の夏ぐらいからマッチング拠出(給与天引きで掛け金を上乗せ。税制メリットを活かしながら積み立てできる制度)を利用してさらに積み増ししています。