津山ホルモンカレー@津山市宮尾の『久米の里』

津山市宮尾の道の駅『久米の里』

レストランや食堂に入って、食べるものを決める。これが結構苦手で、さんざん迷ったあげくに結局カレーを食べてしまうんです。

お邪魔したのは、岡山県津山市宮尾にある道の駅 久米の里

この久米の里の目玉はなんといっても、今にも動き出しそうなこのゼータガンダムでしょう。そう、カレーじゃないんですね。

本家の設定の3分の1とはいえ、身長が7メートルもあるこのゼータガンダムは、津山市在住の中元正一さんの手によって、7年間の製作期間を経て1999年に完成。バンナムでなく、市井の一市民の手によって制作されたというところに感動すら覚えますね。

地域のシンボルとして、休日ともなれば見物客の姿も。毎年4月下旬(2018年は4月22日でした)には仙人祭りというイベントが行われ、年1回の御開帳……なんと、コクピットへの搭乗も可能なのです!

ファンの間でも認知度は高いようで、ウィキペディアの当該ページにもこのゼータガンダムの画像付きで紹介されているくらいなのです。

いただきます

さて、話はカレー。注文したのは、こちらの津山ホルモンカレー(750円)なり。

スパイス感は控えめで、お子様からお年寄りまで楽しめそうな味。ホルモンを炊くときの下味なのか、やや塩(醤油?)辛さがあります。ホルモンは柔らかく煮込まれていて食べやすいのですが、人によってはこの食感、好みが分かれるか? とも感じました。

津山でホルモンとくればうどんか焼肉という印象ですが、こういう食べ方もアリなんですね。

ちなみに僕は家でカレーを作るときはハラミを使っています。ハラミは横隔膜ですから、これも立派なホルモンですね。牛肉らしい味と食感に加えて、一般的な牛肉よりも若干安いのでオススメなのです!

お店の情報

道の駅 久米の里

岡山県津山市宮尾563-1

0868-57-7234

営業時間は 9:30~18:30

定休日は毎月第1月曜日(祝日の場合は翌日)

中国自動車道の院庄インターチェンジから西へ5分あまり。周囲にこれといってランドマークはありませんが、道路沿いに道の駅への標識が出ているので迷うことはないでしょう。ゼータガンダムも見えていますので分かりやすいと思います。


さすが道の駅だけあって、駐車スペースに関してはほぼ問題ありません。地産品やお土産などの買い物や、ドライブやツーリングの疲れをいやす休憩場所として、ぜひ立ち寄ってみてください。

ごちそうさまでした。