かがみの田舎カレー@苫田郡鏡野町の『のとろ館』

苫田郡鏡野町富西谷のお食事処『のとろ館』

レストランや食堂に入って、食べるものを決める。これが結構苦手で、さんざん迷ったあげくに結局カレーを食べてしまうんです。

今日お邪魔したのは、岡山県鏡野町富西谷というところにあるのとろ温泉天空の湯に併設されているお食事処のとろ館です。これまで訪れた中で、一番の秘境です。

いただきます

注文したのは、かがみの田舎カレー(と、ヒラメ(アマゴ)の塩焼き)、600円(+500円)なり。

具材は柔らかくなるまで煮込まれたニンジンやチキンなどの定番具材をはじめ、コンニャクやゴボウなどの変わり種の食感が楽しい家庭的な味わいのカレーです。隠し味に入っている味噌の香りが、結構しっかり漂ってきます。具材だけ見ると筑前煮みたいですが、カレーに入れてもなかなかいけますね。

この味、家でも簡単に楽しめるというか、同じものをレトルトでお土産コーナーで販売しているというか、レトルトをレストランでも食べさせてくれるというか(苦笑)。

お土産で売っているレトルトは540円(高っ!)なんですが、ここで注文して食べると、プラス60円でごはんもサラダも付いてくるという、お値打ちなんだかどうなんだかよく分からない事態になっております。

ヒラメ(アマゴ)の塩焼きは養殖物でふっくらして、なかなかでしたよ。

注文は食券制。他にもこんなメニューがありました。ヒラメがやっぱり売りみたいです。

お店の情報

お食事処 のとろ館

岡山県苫田郡鏡野町富西谷2091-10

0867-57-2322

営業時間は11:00~17:00ですが、最終オーダーは14:30と、営業時間に比べてちょっと早め。

定休日は毎週月曜日で、月曜日が祝日の場合は火曜日に変更されます。

交通は、とにかく辺鄙(へんぴ)の一言に尽きます。のとろ館に至るまでの道路は、比較的道幅も広く整備されていますが、ひとたび脇道に入ると、車一台がやっと通れるという細い道ばかりです。うっかり迷い込んでしまうと、冷や汗必至な交通事情。しっかり場所を確認して、気を付けて行ってらしてください(特に雪が降ると大変だと思います)。

仕事の途中だったので、残念ながら温泉はパス。次回はタオル持参でゆっくり温泉も堪能したいと思います。

ごちそうさまでした。