エアコンからゴキブリ!? 簡単にできる侵入対策

ケシ粒のような、細かく、黒いゴミ。なぜかエアコンの下にだけパラパラと落ちています。

長年使ってきたエアコンなので、経年劣化というか、ホコリやゴミがたまっているのかな……。そろそろ冬がやってるので、ちゃんと動作するのか、様子見のためにスイッチオン。

ガガガガッという作動音。

開くフラップ。

少しカビ臭い風。

風に乗り飛び出す黒いヤツ……っ!!

夜中に1人、丸めた雑誌を片手に上へ下への大騒ぎ。黒いヤツ……そう、その正体はゴキブリだったのです!

そして、エアコンの下のケシ粒は、その糞だったのです。

ちなみに、エアコンに反射するピンク色の光は、ウツボカズラの温室がエアコンの下にあるため。食虫植物ですが役立たずです。

エアコンがゴキブリの住処に?

いわゆる家電の内部というのは、ゴキブリの絶好の住処といわれています。

例えば、冷蔵庫の裏やデスクトップ型のパソコンの中など、常に通電しているため暖かく、ホコリっぽく、暗い場所です。
そして、エアコンも例外ではないようで、エアコンの場合は、やっかいなことにパイプを通じて室外と繋がっているという特徴を持っています。

エアコンには室内機と室外機がありますが、これをつなぐパイプは2種類。

まずは冷媒パイプ。このパイプは、室内外で熱を流通させています。

そして、もう1本、ドレンホースという管で室内外をつなげています。ドレンホースは、ベランダや地面に向けて開口していて、室内機で発生した水分を家の外へ排出する機能を持っています。

そしてゴキブリは、このドレンホースを通じて室内に入り込んでくるようなのです。

そりゃあ、確かに入ってくるかも……

ドレンホースの処置は簡単です

ドレンホースを伝ってゴキブリが入ってこないように、専用の資材が販売されていて、通販でも簡単に入手できます。

ただ、単価が安いものなので、通販で買うと送料も気になります。家にあるもので代替できるので、今日はその方法をご紹介します。

用意するもの

用意するものは、ストッキングと荷造りヒモ。僕は男なのでストッキングの持ち合わせはありませんから、台所の排水口に使うネットを用意しました。

処置………といっても

処置、といっても本当にこれだけです。ストッキングをかぶせて荷造りヒモで外れないようにくくるだけです。簡単すぎ。

注意点

注意したい点がいくつかあります。

耐久性

専用の資材とは違って耐久性が低いと思います。たまには破れたりしていないか、チェックしてあげたほうがいいでしょう。

目詰まり

網目が細かいうえに、地面など、ホコリの舞う、ゴミっぽいところで使うので、目詰まりが心配です。あまりに放置しっぱなしにしてしまうと、目詰まりから排水の機能を果たさなくなってしまうということがあるかもしれません。たまには交換してあげたほうがいいかもです。

最後に

ドレンホースを伝ってくるゴキブリの侵入を防ぐために、ドレンホースの開口部を中空に浮かせるだけでも効果があるんだそうです。これだと全くお金がかかりませんから経済的ですね。

地面についているから入ってくるんだ!

お金といえば、今回ゴキブリが飛び出してきた我が家のエアコン。長年使っていたものなんですが、つい先日、取り付け業者が

「結構汚れてますよ……クリーニングはいかがです?」

とオススメしてくれました。しかし結構イイ値段を提示してこられたので、お断りした記憶があります。でも、よく見ればカビが生えてたりして、かなり厳しい状態ではあったんです。

今回、ゴキブリが飛び出してきたことで、ひょっとして巣にでもされていたら……と思うと、怖くてオチオチ寝てもいられません。

近々、専門家にクリーニングしてもらおうと思っています。